研究開発戦略

01

研究開発戦略

同社は研究開発をコアコンピタンスとし、技術開発に基づく存続・開発戦略を実行しています。研究開発費として総売上高の8%以上が同社の戦略です。

QUALITY PROCESSING
QUALITY PROCESSING

02

研究開発チーム

同社のR&Dチームには、システムデザイナー、構造デザイナー、電気デザイナー、ソフトウェアエンジニアが含まれています。学士号以上の人が10人以上いて、大規模なハイテク企業で8年以上の実務経験があります。

03

研究開発プロセス

同社は、コンセプト、計画、開発、検証、リリース、ライフサイクルに基づいてIPDの設計と開発プロセスを実装しています。R&Dプロジェクトチームには、R&D、購入、品質、製造、エンジニアリングなどが含まれます。このプロジェクトは、商業的成果に重点を置いています。

QUALITY PROCESSING
QUALITY PROCESSING

04

研究開発設備

分光計、光学総合試験機、無線総合試験機、電気総合試験プラットフォーム、ユニバーサルプルアンドスラスト試験機、圧力試験機、1/10ミクロン変位計などのR&Dおよび設計機能を確保するための高度な機器を備えています。同時に、CNCグラインダー、CNC旋盤、CNCマシニングセンター、スパークマシン、精密切断機、二次元測定機、エージングファーネスなど、研究開発と設計をサポートする生産設備も数多くあります。